自分の周りでもよく聞くんですが、

『パワーブレードを投げたら絡んでちゃんと泳がない。。。』 

っていうトラブル。
 


テーリングとか、エビるって言ってるんですけど、ラインをフックが拾って絡んでいる状態です。
2017-03-30-19-57-23

こんな感じにフロントフックが絡んだり、

2017-03-30-19-58-16

リアフックがこんな風に絡んでたり・・・。


せっかくボイルしてるのにとか、ストラクチャーギリギリにキャスト決まってるのにとか、そんな状態でテーリングすると
イラっきますよね。
絡んだまま引っ張ってきたら、魚にプレッシャーをかけるだけですし。


100%防ぐことはできませんが、なりにくい方法はありますので紹介します!
・・・と考えてたら、
「コアマンチャンネル」 で紹介されましたね♪


マスオさんが紹介されている通り!
着水時に軽くサミングして、ラインを一旦張ってちゃんとブレードが回っているかを確認後にリトリーブするか、フォールさせるか。
詳しくは動画をご覧いただければ、完璧です♪


もしブレードが回っているか確認した時にテーリングしてるとわかったら、エギングのシャクリのようにパシッと鋭くロッドを煽ってすぐにラインを緩めれば、解消されることも多いです。


パワーブレードをよく使う時期ですので、この解消法は押さえておきたいですね♪


※お知らせ※

「COREMAN × TOOL ランディングフレームinoプラス Mサイズ」ですが、昨日もAmazonをチェックしていましたら、どんどん在庫が減ってきていますね。
コアマン公式WEB SHOPの方は早々に完売しておりますので、実質各釣具店の店頭在庫のみという状況です。
限定モデルですので、迷っている方は早めにチェックされることをオススメします♪



こちらもポチっとお願いします♪ 

釣りブログランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

シーバス釣りブログランキング
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

こちらもチェックお願いします♪                

シマムラのInstagram
Instagram