はい。
シンジ・シマムラ(@shinjishimamura)でございます。 
最近ちょくちょく質問を受けるので、今日はそんなお話を。
 


    シーバスフィッシングは答え合わせの釣り。

シーバスフィッシングに限らず釣りって仮説検証をするものだと思うんです。
様々な要素を考慮して、仮説を立てて、それを現場で検証し、一匹の魚へと繋げていく。
釣りに行く前から釣りは始まっていて、釣りから帰る道中も次の一手を考えてるんです。
どうやったら一匹でも多く、自分の思うように釣れるのか。

それが釣りの楽しいところであると思います。
特にシーバス釣りはそれが顕著で、人より多く釣ろうと思ったら仮説検証の精度を上げるしかないんですよね。



    仮説検証の精度を上げるにはどうしたら良いか?


『自分で考える!』

これに尽きます。
本当にそうで、これは悪い意味ではなくて、自分で考えて現場で検証して、その結果を考察して。
ひたすらその繰り返し。
経験を積めば積むほど、仮説検証の精度は間違いなく上がります。
センスが良い人はそのスピードが早い。
これは間違いない。

釣りに限らず、どのスポーツでもそうですよね。

で、その練習を支えるのが技術本であったり、プロの映像であったり。
間違いなく、ヒントにはなりますよね。







自分がヒントにしているのは、この本。
シーバスフィッシングの基本となるシーズナルパターンをパターン毎に詳細に解説。
迷った時の指針となっています。


    このブログにもヒントは散りばめられています。


以下の記事もご参照下さい。

・釣れるのは理由がある。これを考えるのは重要なこと。

・答えは全て現場にある。

・釣果情報から得たデータを基に釣り場を拡げて行く方法。

・シーズナルパターンから読み解く釣り場を拡げていく方法。

きっとヒントになることがたくさんあります。
・・・あるハズ。。。


    教えてもらったことをそのままやって意味ある?


今って情報が溢れていますから、釣果情報から釣り場、ヒットルアーなどなど、そんな情報も簡単に手に入ります。

『情報通りそのままやって意味ある?』

魚を釣ることが目的の人はそれでいいと思いますが、他人に釣り勝ちたい、注目されたいって思ってる人には強く問いたい。
魚が釣れるようになったら、次はその魚が釣れる場所を自分で探しましょう、と。 
違うやり方を模索してみましょう、と。


状況を見るために情報通りに敢えてやることはありますが、基本的に釣果情報ってヒントでしかないですよね。
そのヒントを基に釣り場選択、ルアーチョイスなどのゲームの組み立てを考えるのことに意味がある。
いくら魚をたくさん釣ったとしても、情報と相違がなければその他大勢でしかないですから。

関連記事:まだ釣果情報で消耗してるの?釣れてるからといって素直にその場所に行ってはいけない3つの理由。



    SNSでの情報の取り扱いにも注意したい。


ごくたまーにSNSのコメント欄に『この写真は○○○○(具体的なポイント名)ですか?』とか『○○○○(具体的なルアー名)で釣ったんですか?』 、『ここのポイントはこういう風な攻略法でウンタラカンタラ・・・』などのコメントを書いている方がいらっしゃるんですが、いつも思うのは

『楽しみを奪うのは、やめたげて。』

見なければ良いって話なんですが。
自分は特にそうなんですが、具体的な釣り場、釣り方って聞きたくないんですよね。
それを探す楽しみもありますしね。
『自分で考えろ』じゃないですけど、『自分で探せ』です。

自分らは時間とお金を使ってその釣果を得てますから、それをなんの対価もナシに教えろっていうのは非常に虫のいい話ですよね。
でも利用したい人、利用されている人の話も実際に聞きますから、現場でお話ししたり、仲間で互いに情報交換するのは大歓迎なんですが、そういう意味で不特定多数が閲覧するSNSでの情報の取り扱いには注意したいですね。




    まとめ。

最後にもう一度言いますが、『シーバスフィッシングは答えあわせの釣り。』
自分で考えて、自分で結果を出す。
これが重要。

2017-05-22-05-26-25

その先にあるものは、今までよりも間違いなく価値のある一匹となります。



こちらもポチっとお願いします♪  

釣りブログランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

シーバス釣りブログランキング  
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ  
にほんブログ村

こちらもチェックお願いします♪                         

シマムラのInstagram 
Instagram