はい、皆さんこんにちわ。
シンジ・シマムラ(@shinjishimamura)でございます♪ 


先日、『バラさず一発でランディングする方法。』という記事をアップした際に、釣友から 『ランディング時の注意点も教えて欲しい。』というリクエストをいただいたので、今回はそんなお話を。



    追いかけない。待つの。


ランディングの基本。
ランディングネットは構えて動かさず、魚を誘導してネットインする。

関連記事:バラさず一発でランディングする方法。

上記の記事で詳しく解説していますので、ご参照いただければ♪


    ネットインしたら、ネットを持ち上げない。


動画を参照していただきたいんですが、ネットインさせたら手前に引き寄せながら、水面に対してできるだけ垂直方向にシャフトを手繰り寄せるように抜いていきます。
ネットインさせたら、ネットは絶対に水平方向に持ち上げちゃダメ。

BlogPaint
ランディングシャフトに大きな負荷が掛かり、間違いなく折れます。

もう一度言います、『シャフトが折れます。』

BlogPaint
上図のようにランディングシャフトは掛かる負荷の方向によって強度が変わります。
しならせれば、しならせるほど弱い。
だから、絶対に垂直方向に負荷がかかるように持っていかないとダメです。


道具が壊れたら、本当にその日1日立ち直れないです。
これマジで。


    ラインはできるだけフリーにしたい。

これもやりがちなんですが、ランディング時にラインに余裕がないと、

・シャフトを手繰り寄せる。
 ↓
・魚が手前にくる。
 ↓
・ラインがその分張る。
 ↓
・張った分だけティップが曲がる。
 ↓
・無理に曲がってティップが折れる。

ロッドの破損に繋がります。
危ない場面は何度も見てますから、『心は熱く、頭は冷静に』大きな魚が釣れても落ち着いて対処したいですね。
ボクはレバーブレーキを使用してラインをフリーにしてラインに余裕を持たせるようにしています。
動画を再度ご参照くださーい♪


    まとめ。


実際に釣り場でも水平に持ち上げてるおっちゃんも多いですから。
でもなかなか具体的な使い方なんかは教えてはくれる機会はないですから、この記事か参考になれば幸いでございます♪



こちらもポチっとお願いします♪  

釣りブログランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

シーバス釣りブログランキング  
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ  
にほんブログ村

こちらもチェックお願いします♪                         

シマムラのInstagram
Instagram