はい!
みなさま、いかがおすごしでしょうか? 
シンジ・シマムラ(@shinjishimamura)でございます♪ 


今日はシーバスフィッシングにおける上昇軌道のお話。


    シーバスフィッシングにおける上昇軌道とは?


ズバリ 、ルアーが足元近くまで来てからのピックアップ動作のことです!

BlogPaint

等速直線運動して来たルアーが足元まで来ると上昇軌道を描きます。
ここまで極端な上昇軌道は描きませんが・・・。

で、このピックアップ時にバイトが多発するんです。



    なぜ、ピックアップ時にバイトが多発するのか? 


以前、テクトロの記事でお話したことがあるんですが、シーバスはベイトを捕食する際に壁を利用します。

関連記事:【前編】足元を狙うシーバスメソッド、シマムラ的テクトロ解説。

水面は壁なので、ピックアップ時に上昇軌道を描きながらルアーは水面に向かっていきます。
シーバスからしたら「しめた!追い詰めた!」と思いますよね?
つまりはそういうことなんです。



    ピックアップをものにする心得。


では、そのピックアップバイトを如何にものにするか。
上昇軌道を描いたルアーが水面から抜けるか抜けないかでシーバスはバイトしてきます。

ポイントは「水面から抜けるか抜けないかのレンジを維持する」

レンジを維持させるためには、距離が必要になります。
堤防キワを攻めている場合は超簡単。

image

自分の前でルアーを水中から抜くのではなく、ルアーが上昇軌道に入ったら、リーリングを止めロッドを横に動かし、自分の前を通りすぎるようにルアーをロッドで泳がせます。
バイトが出るのはちょうど自分の前あたり。
バイトシーンは丸見えで超興奮しますよー♪

ちなみに写真は下から上方向にルアーを引いています。
右手をリールハンドルから離して左手でロッドを横方向に動かしています。

正面から引いてきたルアーは足場の高さにもよりますが、自分の手前側にはスペースがないので逃げられませんので、自分のやりやすい方向で上記の方法で左右どちらかにルアーを逃がしてあげます。


やはり、水噛みの良いルアーの方が上記の方法はやりやすいですね。
すぐ抜けるルアーは少しラインを長めに残してあげると水面から抜けることなく水面直下を動いてくれます。


    ピックアップバイトは衝撃がデカイ。 


ロッドティップとルアーまでの距離が短いので衝撃がデカイです。
うまく衝撃を逃がしてあげないとラインブレイクにつながります。
ドラグを緩めにしてあげるか、レバーブレーキ付のリールでラインを放出して距離をとってあげると良いと思います。



距離をとってあげたら焦らずファイトして・・・です♪


    ピックアップバイトのメカニズムがわかれば、攻め方の幅が広がる。 


例えば、近距離のストラクチャー、堤防の基礎、竿一本分先のブレイク・・・
表層で反応がない。
少し先にキャストをしてボトムまで沈めて急激な上昇軌道を描くような攻め方も上昇軌道のメカニズムを理解すれば可能となります。


    まとめ。


このピックアップバイト、実は目に見えるのはごく一部でわからないうちに足元でシーバスに反転を食らってる場合も多いんです。
やはり、このピックアップ時は非常にバイトチャンスも多いので、上記の方法でバイトに備えることで少しでも魚に出会うチャンスが増えると思います。

ぜひぜひ現場で試してみてくださいねー♪



こちらもポチっとお願いします♪ 

釣りブログランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

シーバス釣りブログランキング 
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
にほんブログ村

こちらもチェックお願いします♪                        

シマムラのInstagram   
Instagram