いつ以来、タモを使っていないだろう。 イメージ画像

哲学的な話

お疲れ様です!
島村真司(@shinjishimamura)です♪


阿部選手が6戦目でUFCへ行く。これは本当に良いこと。僕もフィーチャーキングを除くと8戦目でPRIDEに出ていますからね」

──行ける時に行った方が良い?

「もちろん。極端なことをいえば、収入が追いついてから結婚するっていう練習で、結婚しているヤツはいないし。実力がついてから──なんていっていると、自分の実力が上がっている時は他の選手も上がっているので。行ける時に行けよ、巡り合わせだから。それが運命。パンクラスのチャンピオンになって6戦目でUFCに行く。UFCからすれば、そこで勝ち残る人間が必要なんで。その篩に掛けられるところに出て行く。良かったと思います」


「行ける時に行けよ、巡り合わせだから。」

自分的にこの言葉が深い。

自分も含めてなんですが、順番が逆なんですね。
準備を整えてから物事に取り掛かる。
それは正しくもあるんですが、時に運命的にチャンスが訪れる時があると思います。
そんな時は準備が出来てる出来てないに関わらず、とにかく掴みに行くことが大事。

準備はいつでもできるけど、チャンスは巡り合わせだから二度はない。
自分では準備が出来ていないと思っていても、飛び込んでみれば案外うまく行くことのが多い。
日頃の準備は必要ですが・・・。

持論なんですが、「準備を整えた者にしかチャンスは来ない」と思っているんです。
逆に考えるとチャンスが来るということは、準備が整ったということ。
チャンスが来たと思ったら、とにかく掴みに行く、飛び込む。
結局は二つ返事で物事を決められる人がチャンスをモノにします。

関連記事:二つ返事で物事を決められる人はチャンスをモノにする。

「行動しよう、恐れるものは何もない。」




こちらもポチっとお願いします♪ 

釣りブログランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

シーバス釣りブログランキング 
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
にほんブログ村

こちらもチェックお願いします♪                         

シマムラのInstagram
Instagram

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ