はい、皆様お疲れさまです!
シンジ・シマムラ(@shinjishimamura)でございます♪ 


さてさて、先日は田中レフェリーの5歳になる息子さんと一緒に釣りに行きまして♪
サビキ釣りでアジを釣ってもらって、息子さんもいい笑顔を見せてくれました


まだ5歳で、初めて釣りをするっていうこともあり、サビキ釣りを選択しました。
今回はお子さんがまだ小さくてサビキ釣りしかできないなぁ、なんて思っているお父さんにオススメの釣りを紹介します♪
普段シーバスをしているルアーマンも必見ですよー♪


      サビキ釣りの合間に!飲ませ釣りのススメ!


今回紹介する釣りはズバリ!
飲ませ(泳がせ)釣り!

飲ませ釣りはサビキ釣りで釣ったアジを餌にして、そのアジを捕食する大型魚を釣りましょうって釣り。
釣れたアジに針を掛けて泳がせておくだけで、大きな魚が釣れてしまう超簡単な釣りです♪

釣れる魚は釣り場によって異なりますが、スズキ、ヒラメ、青物(ブリ、ハマチ、カンパチ)などなど。

ではでは、早速仕掛けからみていきましょう!


      仕掛けは市販品でも良いし、自分で組んでも良し♪


とは言ったものの、仕掛け作りって慣れないと超面倒。
だから、サクッとやるなら市販品がベスト。



一通りの仕掛けが入っているので、あとはアジを釣るだけっていう感じ。


なんですが!
一通り説明しましょう!

image

基本の仕掛けはこんな感じ。

あ!
飲ませ釣りには2種類あって、「ぶっ込み釣り」「うき釣り」
自分は圧倒的にうき釣りの方が面白いと思います。

アジに引っ張られてウキが右往左往しているんですが、それが突然海中に引きづり込まれるんです。
そのウキが消える様子ったら・・・。

なので、視覚的にも楽しめるうき釣りが圧倒的にオススメ!
市販品を買っても良いし、上図を参考にして自分で作るも良し♪



      アジは背掛けが良いと思う。


飲ませ釣りはアジを餌にするんですが、当然アジに針を引っ掛けるんですね。
で、その場所なんですが背びれの一番前の下!

image

ここが一番外れにくくて、アジも弱りにくいと思います。
以上!



      基本は3ヒロ。

 
続いて、アジを泳がせるタナなんですが、基本は3ヒロ基準で底の方の魚を狙うなら長くすれば良いし、表層の方なら逆に短くすればいい。
わからなければ、3ヒロ。
これでOKです。

アジが大型魚から逃げてある程度タナはアバウトになるので、そこまで厳密に調整する必要はありません。



      スズキ狙いなら堤防キワ、青物狙いなら沖、底物狙いなら底。


自分の地元大阪港で飲ませ釣りをするなら、狙う場所によって多少魚種を釣り分けることができます。

スズキ狙いなら足元にアジをそっと投入して堤防キワ1m以内をキープする感じ。

2017-11-25-08-28-27

青物狙いなら、下手投げで少し沖にアジを投入して沖を泳がせると青物が狙えます。


もちろん、完璧に釣り分けるのは難しいですが、これである程度は釣り分けをすることができます。
ちなみに圧倒的に数は少ないんですが、ごく稀に大阪港内でも飲ませ釣りでヒラメが釣れています。
ヒラメを釣るなら底の方狙いかな?
釣れる保証はありませんが。


      シマムラの飲ませ釣りのタックルは。


ちなみに自分が年に数回するかしないかに使っているタックルは、シーバス釣りのタックルを流用。

2017-11-25-08-24-44

以前、シーバスで使っていたシマノ / BOREDERLESS 380M-T




餌釣りからルアー釣りまでこなす万能磯竿ボーダレスに、シマノ / BB-X ハイパーフォース C3000DHGのセット。



PEラインの0.8号+ハリスが4号に上記の仕掛けを接続しています。

スズキならこれで余裕で獲れます。
青物でもブリクラスが掛かる可能性があるときは、ちょっと怖いかな?

ブリクラスが掛かる可能性がある場合は、安いもので良いので万能磯竿の遠投3号に投げ釣り用リールがオススメ。





リールは投げ釣り用でなくても、PE2号が200m巻ける大きさがあれば大丈夫。
ブリクラスが掛かっても安心です♪


      仕掛けを投入したら、ラインはフリーにすべし。


仕掛けを投入したら、ベールを返して、ラインはフリーにしてアタリを待つべし。
このフリーというのがキモで、フリーにすることでアジの動きを妨げませんし、大型魚がアジを飲み込んだ際に違和感なく食い込んでくれます。

またラインをフリーにすることで、不意にアタリが出た際にタックルが引き込まれるのも防ぐことができます。


2017-11-25-08-02-24

そんな感じで、やってみるとサクッとハマチをゲットです♪



      まとめ。


普段、攻撃的にシーバスにアプローチしているので、ウキを眺めているのものんびりしていて良いものですよ♪

この飲ませ釣りは超簡単なので、お子さんがサビキ釣りをしている合間に、釣れたアジをエサにしてサクッと釣れるのも魅力的ですよね。

そんな感じで、サササーっと説明させていただきましたが、飲ませ釣りは超楽しいので是非是非チャレンジしてみてくださいねー♪



こちらもポチっとお願いします♪     

釣りブログランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

シーバス釣りブログランキング    
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ    
にほんブログ村

こちらもチェックお願いします♪                             

シマムラのInstagram      
Instagram